仮想通貨おすすめ人気比較 – 将来性・値上がり必須のアルトコイン・トークン・草コイン

シェアする

ここではおすすめの仮想通貨を比較して、将来性のある通貨、人気のアルトコインを紹介して行きます。

今、仮想通貨は完全に「上げ相場」です。

稼げる可能性が非常に高いので、ぜひ少額でも購入してみるのをおすすめします。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おすすめ仮想通貨記事

このページは初心者向けの仮想通貨記事で、他にもいろいろと書いてます。

興味のある記事がありましたら、参考にどうぞ。

仮想通貨を無料で手に入れる方法まとめ

Zaifで購入できるトークンの特徴・将来性・使い方まとめ

マイナーなアルトコイン(草コイン)の購入方法・おすすめ通貨・稼ぐ方法

2018年は必ず来る! 値上がり必須の仮想通貨 大予想

日本の取引所・販売所で扱っている仮想通貨一覧

日本語対応の海外取引所で草コインを購入してみる – Binance(バイナンス)で買ってみました

初心者におすすめしたい仮想通貨

仮想通貨は元々決済システム、送金システムで使う電子マネーの1つで誕生しましたが、価格が変動制のために投資目的として人気を集めています。

今人気の仮想通貨ですが、有名なビットコイン以外にも1,000以上のアルトコインがあります。

ここでは仮想通貨を「投資目的」としてもおすすめを紹介して行きます。

将来性のある通貨、安定して上がる見込みのある通貨を中心に紹介して行きます。

アルトコインとは?

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを言います。

ビットコインの金額が非常に高くなってきていますが、その他のアルトコインはまだまだ将来性があります。

仮想通貨 比較早見表

順位 コイン名 特徴
1位 ビットコイン【BTC】 世界初の暗号通貨で時価総額No.1
取引数が多いため安定した上昇が特徴
2位 リップル【XRP】 時価総額2位のGoogleがが出資した仮想通貨
処理速度が速く、世界中の金融機関が参加している
3位 イーサリアム【ETH】 時価総額3位の人気通貨
スマートコントラクト技術を導入してより取引性の高い通貨を実現
4位 ビットコインキャッシュ【BCH】 2017年にBTCから「分裂」して出来た新しい仮想通貨で時価総額第4位
BTCの送金問題を解決した通貨
5位 ライトコイン【LTC】 時価総額6位の通貨
世界初のアルトコインで、決済用コインとして有名
6位 ネム【NEM/XEM】 時価総額8位の通貨
政府機関だけでなく民間の取引を目指した自由度の高い通貨

2017年の値上がり率

仮想通貨は2017年にほとんどの通貨で値上がりました。

2018年もまだまだ上がり相場が期待されるので、今のうちに購入しておくと良いです。

ビットコイン【BTC】

2017年初値 2018年初値 上昇率
91,218円 1,570,217円 1,721%アップ(17.2倍)

ビットコインは2017年で17倍に価格が上がりました。

一時期は220万円を超えてとんでもない上昇率でしたが、少し落ち着いた価格となっています。

リップル【XRP】

2017年初値 2018年初値 上昇率
0.6269円 221.63円 35,353%アップ(353.53倍)

リップルはGoogleが投資したことで有名な仮想通貨で、他にも多くの海外企業がリップルに投資をしています。

日本の銀行もリップル技術を採用しています。

2017年末にイーサリアムを抜かし、時価総額No.2となりました。

イーサリアム【ETH】

2017年初値 2018年初値 上昇率
854円 83,638円 9,793%アップ(97.9倍)

2017年12月計測

イーサリアムは時価総額第3位の通貨です。

スマートコントラクト技術という特徴がある通貨です。

2018年はイーサリアムの年と言われていて、期待したい通貨です。

ビットコインキャッシュ【BCH】

2017年初値 2018年初値 上昇率
33,027円(2017年8月) 274,757円 831%アップ(8.3倍)

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨です。

ビットコインと比べてブロックサイズが増え、今までの送金システムの問題が解決されました。

今、一番注目されている通貨の1つになっています。

ネム【NEM/XEM】

2017年初値 2018年初値 上昇率
0.3949円 108.24円 27,409%アップ(274.09倍)

2017年12月計測

ネムは日本人の武宮誠というエンジニアが関わったことで、日本で人気を集めている仮想通貨です。

ネム【NEM】はプロジェクトの名前で取引通貨はゼム【XEM】という通貨で取引されています。

応用性の高い通貨で、ネムの技術が様々なアプリなどの応用されています。

ライトコイン【LTC】

2017年初値 2018年初値 上昇率
423.37円 25,369円 5,992%アップ(59.92倍)

2017年12月計測

ライトコインは送金システムとして非常にすぐれた仮想通貨で、セグウィット(SegWit)の技術など、最先端を最速で導入している仮想通貨です。

ライトコインは仕様やシステムが似ていて、ビットコインのサポートを目的として開発されているとも言われています。

仮想通貨の注意点・デメリット

ここでは仮想通貨の注意点・デメリットを紹介します。

仮想通貨のデメリットを考慮した上で、購入を進めて行きましょう。

配当が無い

仮想通貨のほとんどは「カレンシータイプ」と言われる「発行者がいない仮想通貨」で、開発で決められたアルゴリズムに基づいて発行量が決まります。

それに対して「アセットタイプ」と言われる「発行者がいる仮想通貨」で、発行者が株式投資のように配当を決めることが出来ます。

アセットタイプも増えて来ていますが今のメインはカレンシータイプなので、配当は無いと考えておきましょう。

あくまで「変動による価格差」で稼ぐものなので、上昇相場の今に購入すると良いです。

分裂(ハードフォーク)による値下り

仮想通貨には分裂(ハードフォーク)というものが存在し、ビットコインではビットコインキャッシュやビットコインゴールドなどがあります。

仮想通貨は仕様を変更したり、新たなシステムを導入する時に、新しい通貨を誕生させることがあります。

(仕様変更に伴って、開発者の意見の相違によって別の通貨が誕生することが多いです)

分裂のニュースが流れると値下りする傾向にあるため、注意が必要です。

ストップ高・ストップ安が無い

仮想通貨には株式のようなストップ高・ストップ安のような購入者を守る仕組みがありません。

上がれば嬉しいですが、逆に下がる時はいくらでも下がり続けるので、レバレッジをかけ過ぎてマイナスになってしまうこともあります。

あくまで余裕資金でレバレッジをかけずに購入する方が良いです。

補償が無い

通常の貨幣などは国の保証が付いていて国が守ってくれますが、仮想通貨は補償というものがありません。

価格が暴落しても、間違えて他の人に送金してしまっても、通貨が盗難にあっても誰も補償してくれず、自己責任になってしまいます。

紹介している仮想通貨「安全性についての対策をしっかり取っています」が、それを超える盗難システムを開発されてしまえば、通貨を失う可能性も考えられます。

coinchekやbitflyerなどでは「二段階認証」による損失(被害)補償を開始しています

仮想通貨に対して「過熱感」がありますが、リスクをしっかり考えて購入を考えましょう。

その他日本で取引可能アルトコイン

コイン名 取引所 特徴
イーサリアム・クラシック【ETC】 coinchebk・bitFlyer 2016年にイーサリアムからハードフォークにて誕生した新しい通貨。考え方の違いだけで、ほとんど機能は同じですが価格が1/20で割安感あり。
モナーコイン【MONA】 bitFlyer・Zaif 日本発祥の2chが開発したアルトコイン。日本では採用する店舗やサービスが多い。決済スピードが早いのが特徴。
リスク【LSK】 coincheck イーサリアムと同じ分散型アプリケーションのプラットフォームですが、JavaScriptを言語とするなど、開発しやすいのが特徴。
ファクトム【FCT】 coincheck 電子記録を作成・維持・管理するためのプラットフォーム。病院、保険、不動産など書類が多い業界に期待。
モネロ【XMR】 coincheck 安全性・匿名性の高い仮想通貨。”リング署名”という技術に特徴。
オーガー【REP】 coincheck 来予測市場のプラットフォーム。未来を予測して、その予測が正しければ仮想通貨で報酬をもらえるとい変わった通貨。
ジーキャッシュ【ZEC】 coincheck 取引を追跡できない完全な匿名性を実現した仮想通貨。”ゼロ知識証明”の技術はJPモルガン・イーサリアムでも採用。
ダッシュ【DASH】 coincheck 取引スピードと匿名性に特化した仮想通貨。匿名性だけでなく取引速度1秒以内を実現した通貨。

coincheckが13種類の通貨を取扱い、日本一となりますが、今後、各取引所にて取扱い通貨も増えて行く予定です。

取引所の開設を控えている企業も多く、今後の仮想通貨市場に期待がかかります。

Zaif取引所で購入できるトークン

Zaif取引所では仮想通貨に似た「トークン」と呼ばれる代替通貨を購入することが出来ます。

様々なサービスがあるので、仮想通貨と合わせて購入してみましょう。

Zaifで購入できるトークンの特徴・将来性・使い方まとめ

仮想通貨のおすすめ購入方法

仮想通貨は取引所で購入することができます。

少額で購入することも出来るので、ぜひ少しずつ始めてみましょう。

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckは仮想通貨の取扱通貨数が多い取引所で、13通貨も扱っています。

アプリも非常に使いやすく便利です。

当サイトおすすめのリップルやネムも扱っています。

coincheckの特徴 詳細
取扱通貨 13通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、XRP、LTC、XMR、DASH、XEM、LSK、FCT、REP、ZEC)
セキュリティ 二段階認証 ※二段階認証設定すると100万円の盗難補償
最低購入額 500円~(カードは5,000円~)
取引手数料 無し(スプレッドあり)※スプレッド1%~10%ほど
入金手数料 銀行:無料(りそな・住信)、コンビニ756円、クレカ8%ほど
出金手数料 400円~756円
信用取引/先物取引手数料 0.05%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大5倍/なし

公 式 coincheck

coincheckの詳しい記事はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは日本一の取引量を誇る取引所です。

売買手数料も無料の期間もあり、とてもお得に取引することができます。

bitFlyerはビットコインをもらうサービスもあり、買い物をしたり、カード発行をすることによってビットコインがもらえます。

bitFlyerの特徴 詳細
取扱通貨 6通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、MONA)
セキュリティ 二段階認証 ※2種類の補償
最低購入額 0.00000001BTC(カードは1,000円~)
取引手数料 0.01% ~ 0.15%
入金手数料 銀行:無料(銀行側の手数料はかかる)、コンビニ324円、クレカ10~12%ほど
出金手数料 216円~(三井住友)540円~(他行)
信用取引/先物取引手数料 0.04%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大15倍/最大15倍

公 式 bitFlyer

bitflyerの詳しい記事こちら

Zaif(ザイフ)

Zaifは手数料が非常に低く、仮想通貨以外にも「トークン」と呼ばれる代替通貨を販売している仮想通貨取引所です。

人気通貨のネムやモナーコイン、人気トークンのCOSMAなども購入可能です。

コイン積み立ても手数料が低くできるので、おすすめです。

Zaifの特徴 詳細
取扱通貨 5通貨(BTC、BCH、ETH、XEM、MONA)
9トークン(ZAIF、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC、CMS)
セキュリティ 二段階認証
最低購入額 0.0001BTC(カードは1,000円~)
取引手数料 -0.05%〜0.1%(スプレッドあり)※スプレッド1%~10%ほど
入金手数料 銀行:無料(銀行側の手数料はかかる)、コンビニ486円~、クレカ7~8%ほど
出金手数料 216円〜756円
信用取引/先物取引手数料 0.04%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大7.77倍/最大7.77倍

公 式 Zaif

Zaifの詳しい記事こちら

仮想通貨の評価・評判

仮想通貨の評価・評判を募集してみました。

ぜひ参考にしてください。

Aさん

Aさん
購入したタイミングが爆発的に上昇するちょっと前だったので、購入しただけで何もせずに大きな利益を出す事が出来たのが良かった点です。

たまたま利用登録した取引所が他の取引所より安く購入出来るところでしたし、利用者数も多いところで、購入した時は微妙に下降トレンドという事もあって最初に適当に入れた指値ですぐに安く購入出来ました。

ですので、何の苦労もなく大きな利益を得られました。

Bさん

Bさん
ためしに購入した時は、本当に半信半疑で凄く怖かったのですが、今はどんどん価値が上がってくれて、自分が購入した時より3倍ほどの価格になってくれました。

まだ使ってないので実感があんまりないのですが、株価と同様に素直に嬉しいです。

少額からスタート出来て、世界共通の通貨というのもシステムがわかりやすくていいと思います。

Cさん

Cさん
ビットコインが有名になるに連れて、既にビットコインを持っている自分のステイタスが上がり、様々な相談が増えた点は良かったと思っています。

多くの人と接点を持てるようになり、自分の世界を広げることに繋がりました。

また、急激な値上がりによって、含み益が信じられないほど出ており、投資効果を実感できている点が嬉しいです。

Dさん

Dさん
私は2017/11の終わりころにビットコインがまだ120万円ほどだった時に0.04ビットコイン購入しました。

もっと早く買っておけばよかったと思いました。2017/12現在は200万円近くにまで登っています。

今は2万円ほど設けているような状態です。税金がかからない程度で、日本円に換金をしたいと考えています。

入金をするとすぐにアプリに反映されてリアルタイムで取引が出来るので便利です。

Eさん

Eさん
ちょうど1ビットコインが20万円ぐらいからウォッチしていて口座が開設された時の40万円で購入しました。

買うタイミングが高かったかなと思いましたが、2017/12には200万円まであがり、やってよかったです。

それと相場が活況で売り買いが多く、株と違っていつでも売買できることも魅力です。

上げ下げが激しいですが余剰資金でやる分にはビットコインはいいと思います。

買ってよかったという評判が多かったです。全体的に上り相場なので、リスクを抑えるために複数通貨購入しておくと良いです。

2018年もまだまだ上昇傾向なので、coincheckなどで少しでも購入しておきましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の用語集

ここでは仮想通貨に関わる用語について紹介します。

仮想通貨は難しい用語が多いので、目を通しておくと良いです。

アルトコイン

Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の仮想通貨のことを言います。

ビットコイン以外は全て「アルトコイン」です。

ブロック・ブロックサイズ

ブロックは「データの塊」のことで、仮想通の送金依頼がブロックにまとめられて送金されます。

ビットコインのブロックサイズは1MBで容量が小さく、「送金に時間がかかる+手数料が高い」問題が起き、新しくビットコインキャッシュ(8MB)が誕生しました。

ブロックチェーン

ブロックチェーン:取引台帳のことで、ビットコインなどは、取引スタートから全ての取引記録が残されています。

「ブロック:取引の塊 + チェーン:ブロックの一つ一つがつながっている」ような管理方法がされています。

セグウィット(SegWit)

セグウィットは「取引データを圧縮してデータ量を小さくする技術」のことです。

ビットコインの「ブロックサイズ1MB」でもセグウィットを導入したことにより、たくさんの取引データを処理することが可能になっています。

半減期

仮想通貨の中には通貨の新規発行に半減期(発行数が半分になる)を設けている通貨があります。

ビットコインは4年に1度半減期があり、半減期付近は価格が高騰する可能性があります。

次回半減期

ビットコイン:2020年6月20日頃

ライトコイン:2019年8月18日頃

分裂(ハードフォーク)

分裂は「1つの通貨から別の通貨が誕生すること」です。

分裂する時は、いろんな背景がありますが、基本的には「仕様変更」され、分裂の際は価格が下がる傾向があります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトは「オンライン上の効率的な合意システム」のことです。

イーサリアムは「契約の経緯や権利譲渡などの履歴を保存する」ことが出来ます。

カレンシータイプ・アセットタイプ

カレンシータイプ:発行者が存在せずアルゴリズムに応じて発行量が増加する仮想通貨

アセットタイプ:発行者が存在して発行量や発行スピードをコントロールできる仮想通貨

※アセットタイプは配当などを付けることも出来ます。

ライトニングネットワーク

通常、A→B→C→Dの順番で送金されるのを、A→Dへ一気に送金するための仕組みで、通信負荷が低減されます。

これが可能になると、ビットコインのブロックサイズ問題が軽減されることになります。

分散合意形成アルゴリズム

仮想通貨は様々なアルゴリズムを採用していて、通貨によって違いがあります。

詳しく紹介すると長くなるので、ここでは簡単に説明します。

PoW(proof of works):「仕事量の証明」のことで取引検証作業をするとその報酬として、一定確率で新しいコインがもらえるという仕組み(マイニング)

ビットコイン・イーサリアムなど


PoS(proof of steak):「保有による証明」のことでその仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰える仕組み

将来予定のイーサリアムなど


PoI(Proof of Importance):「重要性の証明」のことで残高・取引回数・取引量などから総合的に判断される仕組み

ネムなど


PoC(Proof of Consensus):「合意による証明」のことで「バリデーター」と呼ばれる承認者のうち80%がOKを出すと取引が承認されて記録が行われる仕組み

リップルなど

トークン

トークン:「代わりの物」という意味。詳しく言うと「代わりの物で、価値のある物」(トークン化:商品券や引換券などの価値のある物と交換すること)

仮想通貨で言うトークン:「既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨」のこと(COMSAトークンなど)

草コイン

マイナーなアルトコインのことで、通常、1通貨 = 1円以下で購入出来るコインです。

海外の取引所で購入することが出来ます。

草コインの購入方法

仮想通貨について良く知ったら、早速始めてみましょう。

coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨に関する記事はいくつかあります。

このページと一緒にどうぞ。

仮想通貨を無料で手に入れる方法まとめ

Zaifで購入できるトークンの特徴・将来性・使い方まとめ

マイナーなアルトコイン(草コイン)の購入方法・おすすめ通貨・稼ぐ方法

2018年は必ず来る! 値上がり必須の仮想通貨 大予想

日本の取引所・販売所で扱っている仮想通貨一覧

日本語対応の海外取引所で草コインを購入してみる – Binance(バイナンス)で買ってみました



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ