ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性・評価、評判・稼ぐ方法まとめ

シェアする

2017年8月にビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生したビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュは将来性があるのか? どのように評価されているのか? を紹介して行きます。

ビットコインとの違いについても比較して行きたいと思います。


\ネムが買える手数料の低い取引所/

ビットコインキャッシュの特徴

通貨名 ビットコイン ビットコインキャッシュ
ロゴ/略称 BTC BCH
誕生 2008年10月31日 2017年8月1日
アルゴリズム PoW PoW
総発行枚数 2,100万枚 2,100万枚
ブロックサイズ 1MB 8MB
Segwit 実装済 未実装
半減期 2020年6月20日頃 不明

ビットコインとビットコインキャッシュを比較してみました。

基本的な仕組みは同じですが、ブロックサイズが1MB→8MBに変更され、Segwitは実装されていません。

ブロックサイズが増えたおかげで、ビットコインの送金問題が解決されています。

ビットコインキャッシュが生まれた理由

ビットコインキャッシュが生まれた理由はビットコインのスケーラビリティ問題があります。

ビットコインは1MBしかブロックサイズが無く、送金に時間がかかり、手数料も非常に高くなってしまいました。

そのブロックサイズ問題を解消するSegwitを導入しようとしたところ、中国大手のマイニング組織がそれに反対。

Segwit反対派の中国主体組織が新しい通貨「ビットコインキャッシュ」を誕生させたのです。

中国の多くのマイニング組織が計算コストを節約するために使うマイニングアルゴリズム「ASICBoost」を使っています。

しかしその「ASICBoost」がSegwitでは使えないことが判明したため反対した言われています。

ブロックサイズが大幅に改善

ビットコインキャッシュは、ビットコインで抱えていたスケーラビリティ問題を改善した通貨です。

ビットコインでは1MBでしたが、ビットコインキャッシュはブロックサイズが8MBあるので、送金での問題が解決されました。

ビットコインはSegwitという圧縮機能を取り入れ、このブロックサイズの問題に対応しています。

分散合意形成アルゴリズムは同じPOW

仮想通貨は様々なアルゴリズムを採用していて、通貨によって違いがあります。

詳しく紹介すると長くなるので、ここでは簡単に説明します。

PoW(proof of works):「仕事量の証明」のことで取引検証作業をするとその報酬として、一定確率で新しいコインがもらえるという仕組み(マイニング)

ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアムなど


PoS(proof of steak):「保有による証明」のことでその仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰える仕組み

将来のイーサリアムなど


PoI(Proof of Importance):「重要性の証明」のことで残高・取引回数・取引量などから総合的に判断される仕組み

ネムなど


PoC(Proof of Consensus):「合意による証明」のことで「バリデーター」と呼ばれる承認者のうち80%がOKを出すと取引が承認されて記録が行われる仕組み

リップルなど

ビットコインとビットコインキャッシュは同じPOWアルゴリズムを採用しています。

POWはマイニングをすることによって新規の通貨を得ることが出来ます。

そのマイニング作業には大幅な電力がかかり、年間1,000億円を超えると言われています。

世界中にマイニングする会社があり、中国などの電力が安い地域が大半を占めているようです。

ビットコインキャッシュの評価・評判

ビットコインキャッシュの評価・評判を募集してみました。

ぜひ参考にしてください。

Aさん

Aさん
ビットコインより機能的に優れているらしく、これから値段が高騰するという情報を手に入れたので購入しました。

ここ数週間内でかなり値段をあげていて、将来的にかなり大きく上げると予想しているのでこれから少しずつ買い足そうと思っています。

ザイフという取引所だと毎月定額で積み立てができるので、その都度の行程に一喜一憂する必要がないので定額積み立てしようと思っています。

将来的に資産が増えると考えるとワクワクするので、仮想通貨に出会えて良かったと感じています。

ビットコインキャッシュが購入出来る取引所

ビットコインキャッシュは取引所で購入することができます。

ビットコインを超えるとも言われているビットコインキャッシュは時価総額No.3の通貨です。

ぜひビットコインキャッシュを購入してみましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは日本一の取引量を誇る取引所です。

売買手数料も無料の期間もあり、とてもお得に取引することができます。

bitFlyerはビットコインをもらえるサービスもあり、買い物をしたり、カード発行をすることによってビットコインがもらえます。

bitFlyerの特徴 詳細
取扱通貨 6通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、MONA)
セキュリティ 二段階認証 ※2種類の補償
最低購入額 0.00000001BTC(カードは1,000円~)
取引手数料 0.01% ~ 0.15%
入金手数料 銀行:無料(銀行側の手数料はかかる)、コンビニ324円、クレカ10~12%ほど
出金手数料 216円~(三井住友)540円~(他行)
信用取引/先物取引手数料 0.04%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大15倍/最大15倍

公 式 bitFlyer

bitflyerの詳しい記事こちら

Zaif(ザイフ)

Zaifは手数料が非常に低く、仮想通貨以外にも「トークン」と呼ばれる代替通貨を販売している仮想通貨取引所です。

人気通貨のネムやモナーコイン、人気トークンのCOSMAなども購入可能です。

コイン積み立ても手数料が低くできるので、おすすめです。

Zaifの特徴 詳細
取扱通貨 5通貨(BTC、BCH、ETH、XEM、MONA)
9トークン(ZAIF、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC、CMS)
セキュリティ 二段階認証
最低購入額 0.0001BTC(カードは1,000円~)
取引手数料 -0.05%〜0.1%(スプレッドあり)※スプレッド1%~10%ほど
入金手数料 銀行:無料(銀行側の手数料はかかる)、コンビニ486円~、クレカ7~8%ほど
出金手数料 216円〜756円
信用取引/先物取引手数料 0.04%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大7.77倍/最大7.77倍

公 式 Zaif

Zaifの詳しい記事こちら

DMMビットコイン

DMMビットコインは手数料が低く、当サイトでおすすめの取引所です。

アプリも非常に使いやすく便利です。

当サイトおすすめのリップルやネムも扱っています。

DMMビットコインの特徴 詳細
仮想通貨 7通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、XRP、XEM)
セキュリティ 二段階認証
取引手数料 無し(スプレッドあり)※スプレッド4%~9%ほど
入金手数料 無料
出金手数料 無料
信用取引 0.04%(借入手数料/日)
信用取引 レバレッジ最大5倍

公 式 DMMビットコイン

DMMビットコインの詳しい記事はこちら

ビットコインの今後の可能性

ビットコインキャッシュは、ビットコインの送金問題を解決した仮想通貨です。

ビットコインはSegwitを導入して少しは良くなりましたが、まだまだ送金問題が完全に解決したわけではありません。

取引所でも多く扱っているビットコインキャッシュを今のうちに購入しておくと良いです。

2018年もまだまだ上昇が十分見込めるので、bitFlyerZaifなどから少額からでも購入してみましょう。

ちなみに当サイトおすすめはリップル【XRP】とネム【NEM/XEM】になります。

関 連 仮想通貨おすすめ人気比較 – 将来性・値上がり可能性が高いアルトコイン

関 連 人気のおすすめ副業ランキング ~ネットでお金を稼ぐ方法36種類~



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ