bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料・取扱通貨・評価、評判・登録方法まとめ

シェアする

新着情報 NEW!
2018年1月31日
bitFlyerがリスク【LSK】の取り扱いを始めました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料や取扱通貨、評価・評判、登録方法について紹介して行きます。

bitFlyerはビットコインの取引量No.1取引所で、coincheckやZaifと並んで日本最大級の規模を誇ります。

\ネムが買える手数料の低い取引所/

bitFlyerの特徴

bitFlyerの特徴 詳細
取扱通貨 7通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、LTC、MONA、LSK)
セキュリティ 二段階認証 ※2種類の補償
最低購入額 0.00000001BTC(カードは1,000円~)
取引手数料 0.01% ~ 0.15%
入金手数料 銀行:無料(銀行側の手数料はかかる)、コンビニ324円、クレカ10~12%ほど
出金手数料 216円~(三井住友)540円~(他行)
信用取引/先物取引手数料 0.04%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大15倍/最大15倍

スプレッドは通貨・状況により変わりますが、おおよそ3%~15%ほどです

取引量・ユーザー数・資本金No.1

bitFlyerは取引量・ユーザー数・資本金No.1を誇る仮想通貨取引所です。

※bitFlyer調べ

bitFlyerは資本金41億238万円と非常に豊富な資金があり、たくさんの企業が株主となっています。

資金が豊富にあることによって、倒産などのリスクを抑えることが出来ます。

取扱い通貨は7種類

bitFlyerが扱っている通貨は7種類です。

巨大掲示板サイト2chが開発したモナーコインを扱っているのが特徴で、2018年1月のリスク【LSK】の取り扱いが始まりました。

コイン名
ビットコイン【BTC】 ビットコインキャッシュ【BCH】 ライトコイン【LTC】
イーサリアム【ETH】 イーサリアム・クラシック【ETC】 モナーコイン【MONA】
リスク【LSK】

アルトコインの購入はビットコインからでも、日本円からでも、両方とも購入可能です

人気通貨のモナコインの扱いもあり、リスクの取り扱いも始まりました。

リスクはイーサリアムのような分散型アプリケーションのプラットフォームですが、JavaScriptを使っているのでプログラミングしやすいのが特徴です。

アプリが便利

bitFlyerでの取引や購入はアプリがおすすめです。

coincheckほど多機能では無いですが、とても見やすくサクサク動きます。

不正出金補償と盗難補償

bitFlyerは最大500万円までの不正出金補償と盗難補償があります。

初めは不正出金補償だけでしたが、後から盗難補償の保険にも加入したようです。

24時間取引OK

bitFlyerでは24時間、仮想通貨の購入・取引が可能で、土日や夜間でも行なうことが出来ます。

株式やFXのように市場が閉まっていることがないので、いつでも取引することが可能です。

入金は銀行振込がお得

bitFlyerへの入金は、銀行口座を使いましょう。

銀行側の手数料がかかりますが、ネット銀行などを使えば手数料がかからないこともあります。

コンビニからの入金は324円~かかります。

クレジットカードでの通貨の購入も10~12%ほど手数料がかかります。

銀行振込だと時間がかかりますが、余裕を持って入金しましょう。

取引手数料あり

bitFlyerは0.01% ~ 0.15%の手数料がかかります。

また、スプレッドという価格差による実質の手数料もかかります。

1BTC=200万円だとすると、購入:202万円、販売:198万円

こんな形でスプレッドがかけられています。

手数料 + スプレッド(おおよそ1%~10%ほど)がかかるため、bitFlyerの手数料はあまり安くはないです。

レバレッジが15倍かけられる

bitFlyerFXではレバレッジをかけた取引が可能で、最大15倍もの倍率をかけることが出来ます。

リスクが大きくなりますが、手持ち資金よりも大きく取引したい人はbitFlyerがおすすめです。

ビットコインがもらえるポイントサービス

bitFlyerではビットコインがもらえるポイントサービスがあります。

取引できる資金を増やしたい人は、bitFlyerのポイントサービスを利用しましょう。

ビットコインを使って購入出来る

bitFlyerではビットコインを使って商品を購入することが出来ます。

ビットコインの価格が上がって来たら、現金化するだけでなく商品も購入すると良いです。

まとめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは取引量・ユーザー数・資本金No.1の仮想通貨取引所です。

取引通貨は多くないですが、資本金や株主が多く、資金が豊富にある安心の仮想通貨取引所です。

様々なサービスもやっているのでおすすめです。

今は上り相場なので、ぜひ少額からでも購入しておきましょう。

bitFlyer

bitFlyerの評価・評判

bitFlyerの評価・評判を募集してみました。

ぜひ参考にしてください。

Aさん

Aさん
会員登録・本人承認後、すぐに取引を始めることができます。

アプリ購入画面のプラットフォームがわかりやすいため、初心者でも簡単に売買することができます。

また会員登録者数が多いため売買の時間が非常に短く、すぐに取引が成立します。

こまめにアップデートが更新されるため、不具合に困ることもありません。

初心者の方におすすめの販売所です。

Bさん

Bさん
ビットフライヤーはまず、登録が簡単でした。

メールアドレスで登録し、その後の本人確認には携帯電話と身分証明証があればOKです。

私はアフィリエイトをしたのですがASPを介さずに直接ビットフライヤーからでき、報酬の支払サイクルも月末締め翌月10日払いと早いです。

更に報酬については、頻繁にキャンペーンも実施されています。

Cさん

Cさん
サイトのデザイン性が優れており、取引自体もやりやすかったです。

チャット機能がついており、ユーザー間の情報交換もできます。

システム障害も無く入出金でのトラブルも今のところはありません。

販売所でアルトコインの取引もできますので、仮想通貨に投資する際に分散もできます。

また、入金方法にも多様性があり、クレジットカードでの入金にも対応しています。

bitFlyerの登録方法(図解付き)

ここでは初めての人向けに、bitFlyerの登録方法をレクチャーして行きます。

ぜひ参考にしてください。

bitFlyerクリックして登録画面に行きます。

メールアドレスを入力し、「メールアドレスでアカウント作成」をクリックします。

メールを開きキーワードを確認します。

キーワードを入力し「アカウント作成」をクリックします。

それぞれの項目にチェックを入れ「bitFlyerをはじめる」をクリックします。

マイページができあがります。

続いて本人確認の手続きを行って行きます。

「ご本人情報のご登録」をクリックして本人確認書類を提出しましょう。

必要な書類1. いずれかの1点

  • 運転免許証等(裏面も含めて)
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
  • 各種健康保険証(紙型健康保険証)
  • 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
  • 各種福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認の詳細はコチラ

運転免許証やパスポートをスマホで撮って、データを送るのが簡単なのでおすすめです。

必要な書類2. セルフィー(本人確認書類と本人が写る自撮り写真)

このように、本人確認書類(写真があるものを表にして)・本人(肩から上)が必要になります。

ご自宅にハガキが届いたら会員登録完了です。

さっそくbitFlyerを始めてみましょう。

bitFlyer

関 連 仮想通貨おすすめ人気比較 – 将来性・値上がり可能性が高いアルトコイン



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ