クラウドソーシングサイト比較ランキング TOP10【2017年最新版】

シェアする

おすすめの在宅ワーククラウドソーシングサイトを中心にトップ10で紹介します。

誰でもできる記事の作成やロゴやイラストの作成など、サイトによって特徴があるので自分の得意分野がたくさんあるサイトに登録すると良いでしょう。

ホームページの作成や、アプリの開発などは非常に高額の案件もあるので、副業を超えるような仕事もあります。

ぜひ挑戦してみるのをおすすめします。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

第1位 ランサーズ

ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシングサービスで1番の人気を誇る在宅ワークです。

記事の作成・ネーミングの提案・ロゴの作成からホームページの作成・アプリの開発まで総合的に案件数が多いです。

仕事に困ることがないので、ランサーズには登録しておくと良いでしょう。

関 連 ランサーズの特徴・稼ぐ方法

関 連 ランサーズでヘッダーロゴの注文をしてみました

第2位 シュフティ

シュフティ

シュフティは主婦の方をメインに初心者でも始めやすいクラウドソーシングサイトです。

初めての人でも効率的にスキルを身につけられるようにオリジナルのeラーニング講座もあり、段階的に学んで行くことができるのでおすすめです。

関 連 シュフティの特徴・稼ぐ方法

第3位 ココナラ

ココナラ

ココナラは、知識・スキルを売り買いできる オンラインマーケットです。

どなたでも自分の「得意」をサービスとして簡単・安心に出品することができます。

サービスはワンコインの500円から出品することができ、たくさんの人にアピールすることができます。

関 連 ココナラの特徴・稼ぐ方法

関 連 ココナラでサイトデザインとサーバー移行をしてもらいました

第4位 Shinobiライティング

Shinobiライティング

Shinobiライティングは記事を書くライターの案件が多いクラウドソーシングサイトです。

他のクラウドサイトではイラストやロゴなどのイラストレーター向けの仕事も多いですが、Shinobiライティングは29種類のカテゴリーで分かれているので、記事の中でも得意な分野を選んで書くことができます。

関 連 Shinobiライティングの特徴・稼ぐ方法

第5位 Bizseek

Bizseek

Bizseekはランサーズと同じく総合クラウドソーシングサイトです。

2013年設立の若いサイトですが、非常に勢いのある人気サイトです。

仕事の案件数は多いので、登録しておくと良いでしょう。

関 連 Bizseekの特徴・稼ぐ方法

第6位 SKIMA

SKIMA

SKIMAはデザイン・イラスト専用のクラウドソーシングサイトです。

イラストなどを得意としている人は、ぜひ登録しておきましょう。

関 連 SKIMAの特徴・稼ぐ方法

第7位 クラウディア(Craudia)

クラウディア

クラウディア(Craudia)は、利用者が25万人を超えるクラウドソーシングサイトです。

案件数も非常に多く、仕事検索が非常に便利で探しやすいサイトです。

twitterやfacebookなどの外部アカウントから簡単に登録できます。

関 連 クラウディアの特徴・稼ぐ方法

第8位 CROWD(クラウド)

CROWD

CROWD(クラウド)はNo.1ポイントサイトげん玉と同じ会社が運営しているクラウドソーシングサイトです。

げん玉とポイントが共有できるのでげん玉をやっていて、在宅ワークをしたい人はぜひCROWDに登録しましょう。

げん玉に登録すると、自然にCROWDに登録されたことになります。

関 連 CROWD(クラウド)の特徴・稼ぐ方法

第9位 サグーワークス

サグーワークス

サグーライティングは文章を書くお仕事をしてお小遣いが稼げるサービスです。

簡単な文章からプロレベルの高額な記事の作成まで案件は様々です。

ちょこっと稼ぎたい人から本気で稼ぎたい人まで、すべての人が参加しやすいサービスです。

関 連 サグーワークスの特徴・稼ぐ方法

第10位 REPO(ルポ)

REPO

REPOはテーマに沿って口コミや感想・体験談などを文章で書いて投稿することによって報酬がもらえるクラウドサイトです。

毎月100件以上の新着案件あるので、案件数に困ることはないでしょう。

以前はブログに記事を書くブログルポという名前でした。

関 連 REPO(ルポ)の特徴・稼ぐ方法



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ