Lisk(LSK)の将来性・評価、評判・稼ぐ方法まとめ

シェアする

Lisk(リスク)は分散型アプリケーションのプラットフォームを目的とした仮想通貨です。

Liskは将来性があるのか? どのように評価されているのか? を紹介して行きます。

Liskの可能性についても検証して行きたいと思います。


\ネムが買える手数料の低い取引所/

Liskの特徴

通貨名 Lisk(LSK)
ロゴ/略称 LSK
公開 2016年5月
アルゴリズム DPoS
使用言語 JavaScript
総発行枚数 上限無し

Liskは「分散型アプリケーションのプラットフォーム」のプロジェクトでイーサリアムと似たような性質を持つ仮想通貨です。

Liskの特徴として「JavaScriptを使用している」・「アプリケーションをサイドチェーン化する」という違いがあります。

ここではLiskの特徴を紹介して行きます。

ちなみにLiskとは「危険」という意味では無いようです。

プログラミング言語にJavaScriptを使用

Liskではプログラミング言語にJavaScriptを使用しています。

イーサリアムなどの他の仮想通貨では、プログラミング言語は独自言語を使っていますが、Liskでは誰でも使えるように、馴染のあるJavaScriptを使っています。

プログラマーは新たな言語を学ぶ必要なくアプリケーションの開発をすることができるのがLiskの特徴の一つです。

サイドチェーン

Liskの特徴の「サイドチェーン」はLiskプラットフォーム上でつくった新しいアプリケーションで何か問題があった場合に、そのアプリケーション単体を修正するだけで良いというメリットがあります。

イーサリアムのように1つのものに様々なアプリを構築するよりも、分けてそれぞれの場所でアプリを稼働させた方が処理能力が向上することになります。

Liskではメインのブロックチェーン上にDApps(ディー・アップス)というメインプラグラムが構築されないため、メインのブロックチェーンへの負荷も少なくなります。

Liskは柔軟性の優れた、修正が容易なアプリケーション開発プラットフォームということになります。

DApps(ディー・アップス)とは?

DAppsというのはアプリケーションの中央に、アプリを管理している会社や組織がないもののことでDApps(=非中央集権のアプリ)という意味です。

通常ですと、アプリを管理している会社(SNSのtwitterやFacebook・Instagramなども会社がアプリを管理している)がありますが、DAppsというのはそういう会社が無く、自立しているアプリケーションということになります。

LiskのDPosアルゴリズムとは?

DPoS(Delegated Proof of Steak):LSKの保有量が多い101人が代表者として選ばれ、代表者には取引手数料に加え、新規に発行されるLSKが報酬として与えられます。

LSKの保有が多い101人に新規LSKが発行されるため、たくさん保有しようと人気を集めています。

ちなみにビットコインで言うマイニング(採掘)のことを、Liskではフォージング(鋳造)と呼んでいます。

LSKには発行上限が無い

LSKは毎年少しずつLSKの発行量が増えていきます。

Liskのブロックチェーン上で新しいブロックが作成されるたびに、新しく5LSKが追加されます。

3,000,000ブロックごとにこの報酬は1LSK減少し、最終的にブロックあたりの報酬は1LSKにまで減ります。

LSKはインフレ通貨と言われ、毎年少しずつインフレを重ねて行く通貨です。

Liskの評価・評判

Liskの評価・評判を募集してみました。

ぜひ参考にしてください。

Aさん

Aさん
リスクは日本の仮想通貨業者に上場している仮想通貨なので、業者に登録さえすれば、購入は比較的簡単でした。

また、リスクは今でこそ数ある仮想通貨の中でも業界内で名前が知られており、その価値も高くなってきていますが、私が購入したときは、それほど価値は高くありませんでした。

リスクの早期購入が利益につながりました。

Bさん

Bさん
2018年にかけてリブランディングを予定していることから安定して値上がりをしてきています。

提携先もマイクロソフト関連ということで買い材料としてはとても信用できるかと思います。

また、国内での取り扱いをしている取引所も少なく、あまり注目されていないことから、1通貨単位での価格も相対的に割安で購入しやすかったのが良かったです。

Cさん

Cさん
2017年9月からを投資を開始しました。

自分自身投資の経験がなく興味本位で購入した結果、順調に値を伸ばしてて利益がでました。

ビットコイン、イーサリアムなどと比べると、安価なので、比較的買いやすいです。

Liskの公式Twitterなどの情報を見たところ、スキャムコインと違いプロジェクトの進行具合が覗えます。

今後もリブランディングなどの好材料があり期待できる通貨だとおもいます。

Liskが購入出来る取引所

Liskは取引所で購入することができます。

ぜひLiskを購入してみましょう。

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckは仮想通貨の取扱通貨数が多い取引所で、13通貨も扱っています。

アプリも非常に使いやすく便利です。

当サイトおすすめのリップルやネムも扱っています。

coincheckの特徴 詳細
取扱通貨 13通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、XRP、LTC、XMR、DASH、XEM、LSK、FCT、REP、ZEC)
セキュリティ 二段階認証 ※二段階認証設定すると100万円の盗難補償
最低購入額 500円~(カードは5,000円~)
取引手数料 無し(スプレッドあり)※スプレッド1%~10%ほど
入金手数料 銀行:無料(りそな・住信)、コンビニ756円、クレカ8%ほど
出金手数料 400円~756円
信用取引/先物取引手数料 0.05%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引 レバレッジ最大5倍/なし

公 式 coincheck

coincheckの詳しい記事はこちら

※Liskはcoincheckのみで購入することが出来ます。

Liskの評価・評判

Liskの評価・評判を募集してみました。

ぜひ参考にしてください。

Aさん

Aさん
現在の価格が購入した時より上がっているのでよかったです。

リスクは購入しやすい価格になっているので初心者の方には購入しやすかったです。

しかし、何に使用する仮想通貨なのかなどしっかりと用途を調べてから購入することで私自身多くの勉強をさせてもらいました。

この先もしっかりと私自身の資産のポートフォリオを組んでいきたいと思います。

Liskの今後の可能性

Liskはイーサリアムよりも柔軟性の高いアプリケーションで、長期的に魅力のある仮想通貨です。

2018年もまだまだ上昇が十分見込めるので、coincheckなどから少額からでも購入してみましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ちなみに当サイトおすすめはリップル【XRP】とネム【NEM/XEM】になります。

関 連 仮想通貨おすすめ人気比較 – 将来性・値上がり可能性が高いアルトコイン

関 連 人気のおすすめ副業ランキング ~ネットでお金を稼ぐ方法36種類~



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ