Monero(XMR)の将来性・評価、評判・稼ぐ方法まとめ

Monero(モネロ)は安全性・匿名性の高い仮想通貨で、非常に評価の高い通貨です。

Moneroは将来性があるのか? どのように評価されているのか? を紹介して行きます。

Moneroの匿名性についても詳しく紹介して行きたいと思います。


 

みんながやってる稼げるお小遣いサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

Moneroの特徴

通貨名Monero(モネロ)
ロゴ/略称 XMR
公開2014年4月
アルゴリズムPoW
総発行枚数1,840万枚
ブロックサイズ無制限

 

Moneroは他の仮想通貨のように「ブロックチェーンに取引を記録する」のとは反対で、「取引を追跡不可能にする技術」を搭載している仮想通貨です。

所有者の匿名性を維持するのはもちろん、取引についても一切、履歴が残りません。

この匿名性、安全性の高さから、非常に評価を受けている仮想通貨です。

Moneroの匿名性は、CryptoNightというアルゴリズムを採用しているため実現することが出来ています。

 

CryptoNightとは?

CryptoNightは匿名性に特化したアルゴリズムで、「リング署名」という技術を使っています。

Moneroでは独自の「ワンタイムリング署名」というシステムが使われており、「ワンタイムアドレス」使うことによってさらに高い匿名性を実現しています。

 

リング署名

グループに参加している複数人の署名をまとめて署名することによって署名元を特定しにくくする技術のこと。

署名元を特定できないので匿名性が高く、個人情報が特定されにくいと評判があります。

 

ワンタイムアドレス

Moneroのワンタイムアドレスは非常に長く、送金のたびにランダムで変更されます。

Moneroの取引履歴は第三者が見ることが出来ません。

ちなみに、送金用だけでなく「閲覧用」のアドレスもあり、取引履歴のみを外部に公開することができます。

 

マイニングは用意に出来る

Moneroはビットコインと同じPoWのアルゴリズムを採用していて、マイニングによる新規発行をする通貨です。

Moneroのマイニングはビットコインのように複雑ではないため、家庭用のパソコンでも採掘は可能です。

ただ、Moneroは2014年公開時に、「4年間で86%の採掘が終わる」と公表していて、まもなく採掘のメインが終わってしまう予定です。

 

Moneroのデメリット

匿名性が高いため、使い道が限られている

Moneroは匿名性が高いため拡張性が小さく、使い道が限られています。

様々なサービスやアプリケーションへの応用が難しく、多くの企業で採用するのは難しそうです。

 

「AlphaBay」というダークマーケットで連携されている

Moneroでは匿名性が高いため、通常の市場に出回らない危ないものを扱うダークマーケットで利用されています。

取引履歴が見ることが出来ないため、こういった闇組織に活用されています。

 

Moneroの評価・評判

Moneroの評価・評判を募集してみました。

ぜひ参考にしてください。

Aさん

Aさん
匿名性通貨として将来的に有望かと思い購入しました。

ただ購入するだけでなく、マイニングにおいても増やすことができるために、保有して満足しています。

モネロを取り扱っている取引所もたくさんあるために他のアルトコインについても便利と言えます。

去年まではレートがそんなに高くなかったのですが、去年末辺りから上昇している事もあり、満足です。

 

Bさん

Bさん
独特の個性を持ち、将来が有望視されている仮想通貨であり、価値の増え方はかなり上向きなのが良かったです。

購入した当初はほとんど名前が知られていなかったこともあり、極めて安い値段で買うことができたのもお得でした。

マイナーな仮想通貨ながら日本で取り扱いを行っている取引所があり、日本語で取引を行えるのも良かったです。

 

Cさん

Cさん
モネロの最大の特徴は匿名性の高さが魅力的です。

ビットコインではブロックチェーンというシステムに情報が書き込まれるため、個人のIPアドレスや送受信や数量の履歴を観覧できる状態になってしまいます。

その問題をなくした仮想通貨が、モネロなどの匿名性の高い仮想通貨で、2017年3月にビットコインが暴落して匿名性の高い仮想通貨が高騰しましたが、今後もビットコインに変わって注目を受ける可能性に秘めていると思います。

 

Moneroが購入出来る取引所

Moneroは取引所で購入することができます。

ぜひMoneroを購入してみましょう。

 

coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheckは仮想通貨の取扱通貨数が多い取引所で、13通貨も扱っています。

アプリも非常に使いやすく便利です。

当サイトおすすめのリップルやネムも扱っています。

coincheckの特徴詳細
取扱通貨13通貨(BTC、BCH、ETH、ETC、XRP、LTC、XMR、DASH、XEM、LSK、FCT、REP、ZEC)
セキュリティ二段階認証 ※二段階認証設定すると100万円の盗難補償
最低購入額500円~(カードは5,000円~)
取引手数料無し(スプレッドあり)※スプレッド1%~10%ほど
入金手数料銀行:無料(りそな・住信)、コンビニ756円、クレカ8%ほど
出金手数料400円~756円
信用取引/先物取引手数料0.05%(借入手数料/日)
信用取引/先物取引レバレッジ最大5倍/なし

公 式 coincheck

coincheckの詳しい記事はこちら

 

Moneroの今後の可能性

Moneroの「匿名性」の高さは大きく評価されていて、今後、大いに期待出来る仮想通貨の一つです。

今後もまだまだ上昇が十分見込めるので、coincheckなどから少額からでも購入してみましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

ちなみに当サイトおすすめはリップル【XRP】とネム【NEM/XEM】になります。

 

関 連 仮想通貨おすすめ人気比較 – 将来性・値上がり可能性が高いアルトコイン

関 連 人気のおすすめ副業ランキング ~ネットでお金を稼ぐ方法36種類~

 
 
ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ

コメント