LINEが仮想通貨事業をスタート! 専門の子会社LINEフィナンシャルを設立

シェアする

無料通信アプリを運営しているLINE(ライン)が2018年1月31日、仮想通貨を含む金融事業を営むLINE Financial株式会社を発表しました。

まだ仮想通貨事業はスタートしていませんが、ここではLINEフィナンシャル情報について紹介して行きます。


\ネムが買える手数料の低い取引所/

保険、ローン、仮想通貨などの金融事業領域をさらに強化

会社名 LINE Financial株式会社
取扱通貨 未発表
代表者 出澤剛
資本金 50億円
設立 2018年1月10日

2017年はLINE Payの全世界での年間取引高が4,500億円を突破、登録ユーザー数も4,000万人を達成するなど、大きく拡大をしました。

この流れの中で、さらに革新的な金融サービスの構築・提供するためにLINEフィナンシャルを設立しました。

仮想通貨だけでなく、保険、ローンなど幅広い事業を展開して行く会社のようです。

仮想通貨交換業者登録のための手続き中

LINEフィナンシャルは既に金融庁への届けは提出済で、現在審査中です。

仮想通貨事業は「安全第一」で進めて行く様子。

ラインの出澤社長は、

「(仮想通貨の)いろいろなリスクや問題が浮き彫りになった1週間だった。われわれは安全第一でやっていく」と説明。

「セキュリティはLINEアプリを通じて長い間、知見や人材を蓄積してきた。LINEの技術力でしっかり対策する」と自信を見せています。

まとめ

LINEフィナンシャルはいつから事業を始めるのか、取扱い通貨について、まだ発表はありませんが、資本金50億円を投入し、本格的に参入してくる様子です。

ICOを実施するとの噂もあります。

Line Payの実績を活かして活躍するのを期待したいところです。

また分かり次第、情報をまとめて行きたいと思います。

関 連 仮想通貨で稼ぐ方法まとめ – 人気おすすめのアルトコイン・草コイン


ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ