日本語対応の海外取引所で草コインを購入してみる – Binance(バイナンス)で買ってみました

シェアする

ここでは日本語対応の海外取引所のBinance(バイナンス)で草コインを購入してみようと思います。

日本の仮想通貨取引所では取扱い通貨が少ないため、草コインを購入することが出来ません。

そこで、日本語に対応しているバイナンスという取引所で草コインを購入して行きます。

草コイン:マイナーなアルトコインのことで、一般的に1通貨 = 1円未満のコインのことを言います

バイナンスの登録がまだ済んでいない人はBinance(バイナンス)から登録しましょう

バイナンスはInternetExplorerで見れないため、GoogleChromeなどで見ましょう


\ネムが買える手数料の低い取引所/

coincheckで送金する

バイナンスは中国の取引所で日本円を扱っていないので、まずは日本の取引所で仮想通貨を購入し、送金して行きたいと思います。

海外の取引所は日本円を扱っていないところが多いので、こういった面倒なところがあります。

coincheckの手数料

送金手数料 計測時価格 送金金額
ビットコイン 0.001BTC 1,697,615円 1,697円
イーサリアム 0.01ETH 164,846円 1,648円
イーサ・クラシック 0.01ETC 5,322円 53円
リップル 0.15XRP 231円 34円
ネム 0.5XEM 166円 83円

coincheckの手数料は代表的なものでこんな感じです。

ビットコインやイーサリアムは手数料がかなり高いです。

しかも、ビットコインは送金に時間がかかるという残念な通貨です。

今回は、一番手数料が低く、送金が一瞬で終わるというリップルを使って送金して行きます。

バイナンスで送金準備をする

まずはバイナンスで送金のための手続きをして行きます。

「資産」→「預金の引き出し」をクリックします。

送金する通貨の横の「預金」をクリックします。

今回はリップルを使います。

リップルは預金アドレスだけでなく、「預金タグ」というものが必要です。

タグはcoincheckで入力するために使います。

英語の注意書きが表示されますが「タグを使わないと、何かあっても知らないよ~」というような内容です

coincheckから送金する

「コインを送る」から送金手続きをとって行きます。

「送金先リストの編集」で、バイナンスの「預金アドレス」をcoincheckの「新規宛先」に入力します。

タグも忘れずに入力しましょう。

リップルは20XRPからの送金のようです。

20XRPも21XRPも上手く行かなかったので、22XRP振込みました

22XRP = 5,082円

バイナンスで送金を確認する

coincheckで送金したら、バイナンスで確認しましょう。

「資産」→「閲覧履歴」で確認することが出来ます。

さすがリップル!あっという間に送金が完了していました。

バイナンスで草コインを購入する

送金が終わったら、バイナンスで草コインを購入して行きましょう。

コインの購入はBTC建てが多いので、まずはXRP → BTCに交換して行きます。

ビットコインに交換する

「取引センター」→「アドバンス」をクリックして、取引画面に進んで行きます。

ベーシックでも良いですが、アドバンスの方が情報量が多いのでおすすめです

画面上部の「BNB/BTC」をクリックして、「XRP/BTC」を探しましょう。

左側の星マークをクリックしておけば、Favoritesに登録されます。

画面右下でXRPをBTCに交換しましょう。

XRP売却でBTCを購入することが出来ます。

現在値をクリックすると、すぐに注文することが出来ます。

あまりにも取引量が少ないと注文出来ないことがあるようです。

1BTC = 170万円の場合、0.002BTC = 3,400円なので、1注文で3,400円必要ということになります。

BNBを買っておくと手数料が半分に

バイナンスの独自トークンのBNBを購入しておくと、手数料が0.1% → 0.05%になります。

ある程度のBNBを購入しておくと良いでしょう。

ここではBNBを購入すると、BNBだけで終わってしまうので、購入はしないでおきます。

今回はこの通貨を買いました

今回は、このXVGという通貨を購入してみます。

草コインなので、特にしっかりとした調査をしていません。

草コインは、株で言うと超低位株を購入するようなもので、ギャンブル的に複数購入し、どれかが当たれば利益が出るような意味です。

1注文0.002BTC以上となるので、今回は3,800円分だけ購入しました。

盲点でしたが、1注文3,400円必要なことを知りませんでした。

1BTC = 170万円の時なので、BTCの価格が上がれば、1注文あたりの金額がもっと上がります。

まとめ

今回は5,000円ほどしか送金しなかったので1種類の通貨しか購入することが出来ませんでした。

草コインの購入と言っても、それなりの資金が必要なことがわかりました。

Binanceで草コインを購入する時は、1万円~数万円は用意してから複数通貨を購入するのをおすすめします。

関 連 Binance(バイナンス)の手数料・取扱通貨・評価、評判・登録方法まとめ

関 連 バイナンスの草コインが詐欺コインじゃないか調べてみた – 最安値の13通貨を調査

関 連 バイナンスで買える人気おすすめの仮想通貨ランキングTOP14 & 微妙な通貨TOP7



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ