投資で稼ぐ方法まとめ

シェアする

投資で稼ぐトップ

ここでは投資の特徴や攻略法などを紹介しています。

投資はお金を使ってお金を稼ぐ方法です。

たくさんの投資方法があるので、ここではおすすめの投資法を紹介します。

初めての人は投資とは?をご覧ください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

投資メニュー

投資で稼ぐ方法はさまざまで、資金や投資スタイルによって変える必要があります。

好みにあった投資方法を選びましょう。

投資で稼ぐ方法コラム一覧

人気の投資ランキングの最新版です。

参考にどうぞ。

注 目 人気おすすめ投資比較ランキング【2017年最新版】

仮想通貨

仮想通貨は決済システムや送金システムですが、投機性のある電子マネーとして、今一番注目されている投資方法です。

今やFXを凌ぐ人気で、完全に上がり相場です。

2018年もまだまだ上昇間違え無しで、ビットコイン以外のアルトコインを買っておきましょう。

FX(スワップポイント)

fx

FXは外国の高い金利を利用して稼ぐことができます。

他の投資よりも抜群に高い金利を稼ぐことができるのがメリットですが、レバレッジをかけるためにリスクも高めの投資法です。

ETF(日経平均株価)

ETF

日経平均株価はETF(上場投資信託)という方法で株として購入できます。

日経平均は不景気に購入し好景気に売るという単純作業で利益を得ることができます。

配当金・株主優待(株式投資)

invest2

配当金や株主優待で稼ぐ方法は根強い人気があり、配当金生活は誰もがあこがれる夢です。

誰もが知っている会社に気軽に投資できるので、好きな会社や優待品が良い会社に投資してみましょう。

REIT(不動産投資信託)

REIT

REITは上場している不動産投資として手軽に株式投資ができます。

10万円以下で投資ができるので、通常の不動産と比べて格安です。

IPO(新規公開株)

ipo

IPO(新規公開株)は上場前の公募金額よりも上場した初値の方が高くなることが多く、高い確率で利益を上げることができます。

しかも、値上がりが2倍、3倍ということもあり、1度の取引で100万円以上稼ぐことも可能です。

投資信託積立(投信積立)

invest3

投資信託のメリットはプロが運用してくれるので手間いらずのところです。

さらに積み立てにすることによって、割安で購入することができます。(ドルコスト平均法)

金ETF

goldETF

非常に高額な金でもETFという形で手軽に投資することができます。

1gから買えるので、毎月積み立てすることもできます。会社によっては現物の金に交換できる制度もあります。

低位株(ボロ株)

invest9

低位株はリスクもありますがハイリターンを期待できる投資法です。

資金が少なくても挑戦できるので、ぜひやってみても良いでしょう。

外貨預金

gaika

外貨預金は今でも人気のある投資法ですが、FXの方が手数料も安くレバレッジをかけることができるので表舞台に出なくなりつつあります。

ただ、証拠金ではなく実際のお金を預金することになるので、何かあった時のリスク回避になるので堅実さがあります。

定期預金

invest9

定期預金は元本保証流動性の良さから今でも一番利用されている間接投資法です。

今はネット銀行を使えば通常よりも10倍以上の金利が付き、余裕資金の何割かを定期預金として持っておくのをおすすめします。

生命保険・個人年金保険

invest10

保険は万が一の時だけではなく、お金を増やす方法として確立されています。

保険に入ると税金も安くなるので、3つの点(万が一の一時金・お金を増やす・税金対策)で役に立ちます。

投資とは? どうやって稼ぐの?

投資とは? どうやって稼ぐの?トップ

投資はお金の力を使ってお金を増やす方法です。

お金を知っている大金持ちは、お金が持っている力を利用して簡単にお金を稼ぐことができます。

お金に対する知識を理解してお金をさらに増やしましょう。

投資の特徴

  • お金を使いお金を増やすことができる
  • リターンの高い投資はそれなりにリスクもある
  • ある程度まとまった資金がいる(10万円~100万円)
  • 長期投資は安定した利回りを期待できる
  • 投資の種類によってリスクとリターンが違う
  • 短期・中期・長期の投資方法がある
  • 元本が保証されている投資法もある

こんな人におすすめ

  • 余裕資金がある人
  • お金を増やしたい人
  • 将来のためにお金を増やしたい人
  • 老後の資金を蓄えたい人
  • お金について学びたい人
  • 投資だけで食べて行きたい人

投資で稼ぐための心構えと前準備

投資で稼ぐための心構えと前準備トップ

初めて投資をする人は知識をしっかりと学び、スタイルを考えて始めましょう。

知識を身につけることによって、事前にリスクを抑えることができ、無駄な失敗を減らすことができます。

ここでは投資で稼ぐための心構えと前準備について紹介します。

投資の考え方

お金はお金を増やすことができます。

かつてユダヤ人の大富豪たちはお金の力を知っていて、賢くお金を増やすことができました。

お金持ちはさらにお金を稼ぐことができ、お金のない人はお金に苦労します。

これはいつの時代も一緒です。

貧乏から金持ちになるには相当な苦労が必要ですが、一定の苦労をくぐり抜ければ楽にお金を稼げるようになります。

最初は生活費を極力抑えて少しずつ投資にお金を回しましょう。

無理やりでもお金を投資に回しましょう。

もしくは、このサイトで紹介しているようなネット副業で余裕資金を稼ぐと良いでしょう。

ブログなどを使って少しでもお金を稼ぐことが出来るようになると、投資する資金が集まり投資が楽にできるようになります。

投資スタイル

投資のスタイルはさまざまで自分の生活や目標に合わせて選びましょう。

長期投資

平均利回り3~4% 投資信託やETF・REITの積み立て、FXのスワップポイント、株式の配当金や株主優待など

長期投資はリスクを抑えることができますが、その分リターンも低めです。

ギャンブル性は少ないので、確実に利益を得たい人におすすめです。

中期投資

利回り10%以上 株式やFXで数か月~1年くらいの期間で売買を繰り返します。

値上がり・値下がりの傾向をつかんで定期的に稼ぐこともできます。

短期投資

利回り100%以上 株式やFXなどで2~3日で売買をするスイングトレードと、1日で決済するデイトレードなどです。

市況・会社情報が必要なだけでなく、チャートを読む知識、短期で判断する能力が必要です。

リターンが大きい分、リスクも大きくなります。

投資で稼ぐための心構え

投資に失敗はつきもので、絶対に成功する方法というのはありません。

ただ、投資に対する知識とリスクを知ることによって、失敗を極力減らすことはできます。

初心者の人は、投資を恐れずにチャレンジすることをおすすめします。

何事も最初は失敗がつきものですが、失敗から学ぶことができるはずです。

人がお金を稼ぐ方法の終着点は投資です。

金持ち父さん 貧乏父さんの著者ロバート・キヨサキでも投資は最終手段だと説明しています。

E=Employee(従業員)

会社組織などで働くサラリーマンです。自分が働いた分だけの給料がもらえます。

S=Self-Employed・Small Business(個人事業主・小企業)

従業員よりも稼ぐことはできますが、これも自分が働いた分だけの収入が入ります。

B=Big Business owner(大企業のオーナー)

多くの従業員がオーナーのために働きます。ビジネスに成功すれば巨額の富を得ることができます。

I=Investment(投資家)

投資はお金が従業員です。お金に働いてもらい、お金を得ることができます。

このE→S→B→Iの順番は、守る必要はありません。

今がどの場所にいても最終的なI(投資家)を目指すべきところです。

ですので、どんなにお金のない人でも、少しでも投資ができるように計画して行動するのをおすすめします。

まとめ 本職を持ちながら少しずつ投資して行きましょう

人は感情の生き物です。本業で投資家になっていても、資産が減ってくれば焦り、間違った判断をすることがあります。

本職で働きながら、余裕資金を使って投資をすると、心のゆとりが出て冷静な判断をすることができます。

またデイトレードやスイングトレードでない限り、投資はあまり時間を使いません。

ですので、本職を持っていても問題はないでしょう。

ドルコスト平均法で割安に購入する

ドルコスト平均法トップ

ドルコスト平均法は株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ積み立てで稼ぐのに向いた投資方法です。

何も考えずに毎月定期購入しても割安で購入できるため、忙しい人にとても魅力があります。

ここではドルコスト平均法のメリット・ドルコスト平均法に向いた投資法を紹介します。

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは、定期的に定額購入することによって割安になる方法です。

定量購入よりも定額購入の方が割安になるのがわかります。

定量で購入した場合

価格定量価格定量口数
100円1万円100口
90円9千円100口
110円1万1千円100口
80円8千円100口
120円1万2千円100口
合計5万円500口
平均一口100円

定額で購入した場合

価格定額価格定額口数
100円1万円100口
90円1万円111口
110円1万円90口
80円1万円125口
120円1万円83口
合計5万円509口
平均一口98円

定量購入では一口100円に対し、定額購入では一口98円になりました。

このように定額で毎月買うことにより、安いときはたくさん買い、高いときは少しだけ買うことができるのです。

ですので、積み立て投資は毎月定額購入が向いています。

相場に左右されにくい購入方法としても評価されています。

ただ、購入時は安く買うことができても売却時には売値を意識しなければいけません。

ドルコスト平均法に向いた投資法は?

  • 投資信託
  • 金積み立て
  • ETF
  • REIT

などの一口の購入価格が安く長期で投資できる方法が向いています。

ドルコスト平均法のデメリット

  • 売却のタイミングは自分で相場を見なければいけない
  • 割安だが最安ではない
  • 最低購入価格が高い投資は向いていない
  • 短期投資には向いていない

まとめ

ドルコスト平均法は長期に向いた投資法と言えます。

購入のタイミングを見る必要もないので、忙しい人や投資初心者でも簡単に稼ぐことが出来ます。

投資の入り口として、このような投資から始めてみるのをおすすめします。

複利の考え方~人類最大の発明

複利で稼ぐトップ

相対性理論で有名なアルベルト・アインシュタインは人類最大の発明は複利であると言いました。

複利の考えを知らずに投資をするのと知っていて投資するのでは今後、雲泥の差が出ます。

複利の考え方をしっかりマスターして投資に挑みましょう。

複利の考え方とは?

複利とは増やしたお金を全額再投資することです。

運用資金100万円、年利回り10%の場合、1年経った時の利回り10万円を再度投資します。

このような方法によって塵も積もれば山となる方式で最終的には莫大な金額を稼ぐことが出来ます。

単利と複利の金利差を見てみましょう。

運用資金100万円、年利回り10%における単利・複利の違い

年数単利複利差額
1年110万110万0
2年120万121万1万
3年130万133万3万
5年150万161万11万
10年200万260万60万
20年300万673万373万
30年400万1745万1345万

複利のすごさがわかりますね。

ですので、投資で稼ぐお金は使ってしまわずに再度投資しましょう。

複利の考えで運用している金融商品とは

複利の考えで運用している金融商品もあります。

投資信託で言うと、毎月分配型単利の考え方で運用しているため、あまり利回りを期待できません。

分配金再投資コースのある投資信託は複利の考えで運用しているため利回りが期待できる商品です。

株式投資で言うと、配当金の割合が高い銘柄は単利の考え方です。

逆に配当金の割合が低い銘柄は複利の考え方を知っている会社と言えるでしょう。

このように、投資する対象が単利なのか複利なのかしっかりと見極めて投資することが大切なポイントです。

最初の方は我慢して再投資しましょう

投資を始めた頃は余裕資金も少なく、生活もゆとりがないことが多い傾向があります。

投資で稼ぐお金はすぐに現金化せずに、我慢して再投資しましょう。

我慢した分大きなお金になって帰ってきます。

再投資はドルコスト平均法がやりやすい

稼ぐお金を再投資に回すと言っても、購入のタイミングが良いとは限りません。

景気に左右される投資対象の場合、不景気になるまで5年以上かかることもあります。

5年も待っていれば、複利の投資ができません。

ですので、購入のタイミングを見なくても良い積み立て系の投資商品を購入することをおすすめします。

FXで稼ぐ利益は投資信託に回すとか、REITに回すことにすると良いと思います。

まとめ

投資には常に複利の考えをしっかり持つようにしましょう。

1年、2年では差が出なくても、10年、20年経つと稼ぐ金額大きな差になります。

ぜひ挑戦してみてください。

人間の心理は投資の性質に向いていない

人間の心理・投資の性質の違いトップ

大学の時、野村証券に偉い人が来て講義を受けたことがあります。

そこで投資の性質と、人間が陥りやすい心理について学びました。

この考え方はあまり世間には出回っていませんが、非常に重要な考えなので記事にしようと思います。

ぜひ参考にどうぞ。

人間の投資に対する心理

人間は論理的に見えてとても感情的な生き物です。

自分では冷静だと思っていても意外と興奮状態になっていることもあります。

冷静に論理的に考えることができない時、投資では的確な判断ができず非常に危険な状態です。

このような感情的になることが、投資ではしばしば起こります。

自分は大丈夫と思っている人ほど、自分がどんな感情になっているのかわからない人も多いです。

得をする時はリスクを取りたい・損をする時はリスクを取りたくない

85%の確率で12万円もらえるのと、1%の確率で1000万円もらえるのでは、どちらを選びますか?

このような質問に多くの人は1%で1000万円の方を選びます。

逆に、85%の確率で12万円損をするのと、1%の確率で1000万円損をするのでは、どちらを選びますか?

このような質問に多くの人は80%で12万円を選びます。

このように、得をする時はリスクを取りたい・損をする時はリスクを取りたくないというのが人間なのです。

宝くじを買う心理が同じです。

多くの人は非常に低い確率で大金を手に入れるためにお金を支払います。

(実際、私も買っていますが・・・)

しかし、論理的に考えれば損をする仕組みになるので宝くじを買うことは損をすることになります。

できるだけ冷静な投資をするために

人は時間をかけるほど冷静に考えることができ、時間が短いほど感情的な考えをします。

つまり、投資で言うと長期投資の方が冷静な判断ができ、短期投資の方が感情的な判断をしてしまいます。

短期投資家がよく、相場観があるとか波に乗っているとか言いますが、そんなものは感覚でしかありません。

短期投資でも傾向をつかんでいる人は稼ぐことができますが、感覚に頼っている人はギャンブル的な性質になってしまいます。

初心者や感情的になりやすい人はできるだけ長期投資をするようにしましょう。


関 連 投資比較ランキング TOP10


ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ