2018年後半に絶対来る!ICO出来るようにZaifのCOMSAトークンを買っておこう

coincheck事件の影響で、仮想通貨に対する法の整備が始まっていますが、まだまだ進んでいないのが現状です。

ICOについては、ICOを実施する = 仮想通貨交換業者の登録が必要なようですが、金融庁もはっきりした発言を控えているようです。

 

金融庁いわく、日本人は海外のICO参加しちゃダメだってさ。 : まだ東京で消耗してるの?
金融庁の回答1/2・日本居住者は日本の仮想通貨交換業の登録がない海外法人が実施するICOを購入してはならない・非日本居住者(海外に住む日本人)はICO購入可能・日本の仮想通貨交換業の登録がない海外法人が実施するICOは、日本居住者が購入できない体制でない場合、ICOを実

 

イケハヤ氏のブログを見ると、海外ICOを日本で行なうこともブラックに近いグレーのようで、Zaifが運営するCOMSAも足踏み状態です。

白黒はっきりしていないので、ICO市場が進んでいませんが、2018年後半には法の整備が進められ、ICOについてもはっきりした方向性が示されるでしょう。

 

みんながやってる稼げるお小遣いサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちょっと落ち着いた仮想通貨市場

coincheck事件の影響もあり、仮想通貨市場は少し落ち着いています。

ただ、ビットコインの価格も100万円を取り戻し、各取引所の安全性がしっかりすれば、徐々に勢いを取り戻しそうです。

ICO市場も停滞状態ですが、ICOに対する金融庁の方向性がはっきりすれば、一気にICOは出てくると思います。

ブロックチェーンに紐づいたトークンは、様々なアプリ・ゲームと連携し、海外では非常にたくさんのアプリやゲームが誕生しています。

海外ではICOが非常にたくさん誕生していて、ICOのサイトを見ると1,500以上のICO案件を見ることが出来ます。

COINJINJA(コイン神社)

 

今のうちにCOMSAトークンを買っておこう

今はまだ落ち着いていますが、今後、ICO市場は大いに賑わうでしょう。

ブロックチェーンを使ったアプリやゲームは今後、必ずたくさん誕生して来ます。

今のうちにICOが出来る環境を整えておきましょう。

 

COMSA

ICOのプラットフォームであるCOMSAは日本で唯一のICOプラットフォームです。

COMSAトークンのICO以外は行なっておらず、現在は停止状態です。

ICOへの法の整備が整い次第、第2弾、第3弾が進んで行くでしょう。

今のうちに登録しておきましょう。

COMSA(コムサ)

 

コムサでのICOの購入はCOMSAトークン【CMS】が必要です。

CMSはZaifで購入出来るので、登録していない人はZaifにも登録しておきましょう。

Zaif

 

ICOが出来るようになると、COMSA【CMS】の価格も上がるでしょう。

CMSの売却益を考えてもCMSを今のうちに購入しておいても良いでしょう。

 

関 連 ICOが買えるCOMSA(コムサ)に登録しよう – COMSAの将来性・評価、評判まとめ

関 連 最新のICO情報を得る方法 – ICOで仮想通貨・トークンを手に入れよう

 
 
ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ

コメント