ウェブライティングで稼ぐ方法まとめ

ウェブライティングで稼ぐ方法

文章を書く仕事であるウェブライティングは在宅ワークとして人気のある副業です。

好きな時間に自宅で始めることができるので、主婦の方を中心に非常に多いです。

ある程度タイピングができる人はパート収入ほどのお金を稼ぐことができ、実績を積んで本業として仕事につくこともできます。

ここではウェブライティングで稼ぐ方法を紹介します。


 

みんながやってる稼げるお小遣いサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ウェブライティングの特徴

  • 誰でも簡単に始めやすい
  • 自分の好きな時にできる
  • しっかりやればパート収入並みのお金を稼ぐことができる
  • 実力をつければ大きく稼ぐことも可能
  • 自営業として本業も目指せる

 

こんな人におすすめ

  • 文章を書くのが好きな人
  • 好きな時間に仕事がしたい人
  • 在宅で仕事をしたい人
  • 将来的に本業にしたい人
  • お小遣いがほしい人
  • やった分だけの収入がほしい人

 

ウェブライティングの種類

初めてウェブライティングでお金を稼ぎたい人はクラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングはネットを使って好きな時に仕事ができるサイトです。

クラウドソーシングの中のライティングの仕事は大きく分けて2種類あります。

 

タスク方式

タスク方式

タスク方式は簡単な記事の作成の仕事で、指定された内容の文章を書きます。

相場は1文字0.2円~0.5円程度で、600文字200円~300円くらいで1仕事になります。

 

初心者でも始めやすく、まずはタスク方式でいくつか仕事をしてみると良いでしょう。

慣れてくると1時間で600文字の仕事が3~5つくらいこなせ、パート並みの収入が稼ぐことできます。

 

プロジェクト方式

プロジェクト方式

プロジェクト方式は気に入ったランサー(仕事をする人)を選んで採用する案件です。

ある程度仕事の実績を積み、プロフィールなどを充実させる必要がありますが、案件としてはタスク方式よりも単価が高いためおすすめです。

プロジェクト方式で実績を積むと、指定して仕事を頂けることもあり、ウェブライターとしても自営の道も開けてきます。

 

おすすめのウェブライティングサイト

ライティングの仕事はいろんな種類があります。

いくつかのサイトに登録して自分のスタイルに合ったものを選びましょう。

 

総合クラウドソーシング

総合クラウドソーシング
クラウドソーシングではライティングの他にも多くの在宅ワークの募集をしています。

ライティングに限らずさまざまな仕事をしてみるのをおすすめします。

実績を重ねて行けばプロジェクトにも参加でき、高額収入を稼ぐことができます。

【代表的なサイト】

 

ライティング専用クラウドソーシング

ライティング専用クラウドソーシング

ライティング専用クラウドソーシングでは多くの記事作成の募集をしています。

タスク方式やプロジェクト方式などの案件がとくにかく多いのが特徴です。

ぜひ1つは登録しておきましょう。
【代表的なサイト】

 

自営業型サイト

自営業型サイト

自営業型サイトでは自分の売りたいものを販売することができるサイトです。

簡単に始めることができながら、将来的に独立を目指して人気を集めることもできます。

ライティング技術に慣れてきたら、ぜひ出店して稼ぐと良いでしょう。

 

【代表的なサイト】

 

採用型・登録型サイト

採用型・登録型サイト

採用型・登録型のサイトでは、まずは無料で配信を行い、採用や審査合格をすればコミッションが入ってくるものです。

プロを目指している人も多く、クラウドソーシングなどで自信がついた人はぜひ応募してみましょう。

 

【代表的なサイト】

 
 
ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ

コメント