【Les.46】メルマガで安定的にアクセスを集めよう

シェアする

メルマガで稼ぐトップ

アクセスを効率良く増やすためにはメルマガを始めるのがおすすめです。

メルマガは自分から発信することができ、集客やアクセスアップに非常に向いた方法です。

ここではメルマガのメリットやおすすめのツールを紹介して行きます。


\ネムが買える手数料の低い取引所/

メルマガがなぜアクセスアップ・売上アップするのか?

メルマガは昔からあるネットビジネスの手法の1つですが、いまだにアクセスアップ・集客のために有効な方法です。

ブログやウェブサイトは記事を書いて、それを読んでくれる読者を待つというやり方ですが、メルマガは登録してくれた読者に自分から発信することができます。

ネットビジネスでは自分から発信する方法は限られているため、上手く活用できれば非常に有効です。

自分からメルマガを発信することにより売上を上げるアフィリエイターやネットショッパーは非常に多いです。

特に月間100万円を超える利益を上げるトップレベルの人は、多くの人がメルマガを活用しています。

メルマガとブログ・ウェブサイトを上手く使い、相乗効果で売上を何倍にも増やしましょう。

メルマガは特定電子メール法でルールがある

メルマガを発信する人は、特定電子メール法という法律を守らなくては行けません。

「送信責任者名」「会社名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を明記しなくてはならないので、名前や住所を公開したくない人には不向きです。

参入する人が少ない分、メルマガを発信する人はメリットがあります。

メルマガスタンドに登録しよう

メルマガに初めて取り組む人は、定期的に書かなければ行けないため難しさを感じることも多いでしょう。

ブログは毎日のように書いていても、メルマガになると急に足がすくんでしまうケースもあるようです。

メルマガも書いているうちに慣れてきて簡単に書けるようになります。

まずは無料のメルマガスタンドに登録してみましょう。

無料ならまぐまぐがおすすめ

まぐまぐは到達率の高い(メルマガが届きやすい)発行スタンドとして評価を得ている人気メルマガ発行スタンドです。

到達率が高いというのは、迷惑メールに入りにくいという意味です。

評価の低いメルマガは迷惑メールに入ることもあり、せっかくつくったメルマガが迷惑メールに入ってしまい、読まれないのは非常に残念です。

まぐまぐはそういったことが少なく、メルマガとしては十分な機能を持っているのでおすすめです。

関 連 まぐまぐ!

有料ならオートビズ

オートビズは有料のメルマガスタンドですが、ステップメールが送れたり、一斉にメールが送れたりなどメリットが盛りだくさんです。

ステップメールは商品の購入や情報商材の販売など、クロージング率の高いメール手法です。

メルマガの読者が増えてきたら有料のメルマガスタンドに切り替えて使ってみましょう。

関 連 オートビズ

メルマガを書いてみよう

メルマガで売上を増やすためには、メルマガ記事からリンクをクリックしてもらい、ネットから購入・予約などをしてもらう必要があります。

クリックしてもらうためには、日頃からメルマガを読んでもらうことも重要です。

読んでもらうメルマガは、DMなどの宣伝ではなく、新聞のようにしっかりとした内容の記事をつくりましょう。

件名は開封したくなるように興味を引こう

メルマガは読まれない可能性もあり、開封されることが非常に重要です。

件名がつまらなさそうであれば開封されないため、興味を引く件名にしましょう。

記事に何が書かれているのか?が気になり、思わずクリックして開封したくなるような件名が良いのです。

1メルマガ1テーマで書こう

メルマガ1配信につき、1つのテーマに沿って書きましょう。

その時のリンクも1つだけに絞り、内容がぼやけないように明確にすることでクリック率も上がってきます。

もし書きたいことが他にもあれば、次のメルマガでそのテーマについて触れるようにしましょう。

情報8割・日記2割で書こう

メルマガは毎日読み続けてもらう必要があり、キャンペーン告知ばかりでは読者は読んでくれなくなってしまいます。

内容としては情報を8割くらいにとどめ、最初の2割くらいは日記形式にし、自分が感じたこと・最近興味あったことなどを簡単に書くと読みやすくなります。

また、情報も使った人の感想やブログやウェブサイトでのコメントについて触れたり、できるだけ堅苦しくならないように書くと良いです。

あくまで売り込み過ぎず、ブログなどにアクセスしてくれるように興味をもってくれるように仕向けるのがコツです。

1行35文字以内・本文は800~1200文字

メルマガは読みやすさが非常に重要です。

読みやすいように、1行35文字以内1文章を3行以内にまとめ、段落分けの空白改行は2行開けましょう。

また1メルマガの文字数は800~1200文字が最適と言われています。

何かを販売するために説明が必要な時は2000文字程度までいくこともありますが、基本は1000文字前後が良いです。

ブログとは違う切り口で書こう

ブログを書いている人はメルマガをテーマを変えずに違う切り口で書いてみましょう。

基本的には、ブログやウェブサイトと同じテーマでメルマガを書いた方が違和感がないです。

ブログは写真を貼ったり文字に装飾したりできるので、状況を伝えたり効果を説明するのがおすすめです。

メルマガは文章しか伝えることができないので、体験談・使った人の感想・メリットなどの読みやすい内容を伝えると良いです。

ブログやSNSで読者を獲得しよう

メルマガを発行する準備が整ったらメルマガの読者を集めましょう。

メルマガ会員を増やすのみ大事なことは、興味がある人かどうかです。

例え人数が少なかったとしても、購買意識の高い読者ばかり集めるのは非常に販売力が強いメルマガになります。

ですので、興味がある人に対してメルマガを発行できるように、読みたい人にだけ登録してもらう工夫をしましょう。

ブログやウェブサイトから獲得しよう

ブログやウェブサイトを見てくれる人からメルマガ会員を獲得するのは一番良い方法です。

元々興味をもってくれているので、購買意識も高い人が多いです。

登録フォームをサイドバーに設置したり、全ページからメルマガ紹介ページにリンクを貼るなど、見つけやすいようにしましょう。

フォームを設置したらメルマガ紹介記事を書いて、会員を募集しましょう。

募集記事を書く時は、誰に、どんなメリットがあるのかを明確に書くことが大切です。

特に効果が高いのが、メルマガ発行の予告記事を書くことです。

「○日後にこんな内容のメルマガを発行しますよー。興味ある人は登録どうぞ。」

と告知するだけです。ぜひやってみてください。

SNSから獲得しよう

コミュニケーションツールとして人気のあるFacebookやTwitterなどのSNSも集客に抜群に効果が高い方法です。

SNSは本来、友人や知人とつながるためのツールなので、ビジネスとして使うとうっとおしい思いをさせる可能性があります。

宣伝目的だけで使うのではなく、基本的には知人とつながるツールとして楽しみながら、つながることを忘れないようにしましょう。

ステップメールで購買意欲を育てよう

ステップメールとはあらかじめ用意してある複数のメルマガを、決まった順番で自動的に送信されるメールです。

ステップメール登録をするとすぐに1通目のメールがきて、次の日か数日後に順番に沿ってメールがきます。

そして最後のメールを見た時には、読者の興味や購買意欲が十分に育ち、商品購入や申込みなどの確率が上がるという仕組みです。

1通目に問題を取り上げ、2通目に商品の魅力を伝え、3通目で購入を促すなど、戦略的にシナリオが組め顧客の意欲を育てることができます。

ステップメールは商品購入やセミナーなどの申込みだけでなく、情報商材の販売などにも使われています。

メルマガかステップメールかは、売りたいものによって変わりますが、ぜひ使ってみましょう。

ステップメールは有料のメルマガスタンドの登録が必要になってきますので、オートビズなどがおすすめです。

ブログやサイトをメインとしながら、メルマガで集客を爆発させよう

メルマガをやろうか迷っている人の多くはブログやサイト運営をしていると思います。

アクセスアップの問題は、メルマガを使うことによって解決できます。

ぜひ強いメルマガをつくり、今までの数倍の集客を実現しましょう。

次はサイト運営で記事づくりに困った時の書き方アイデアを紹介して行きます。

次記事 【Les.47】記事の書き方に困ってきたらこれを見よう!



ネット副業.comトップへ
ネットでお金を稼ぐ|ネット副業.comトップへ