Job-Hubって稼げるの? ジョブハブお金の稼ぎ方

シェアする

jobhub5

Job-Hub(ジョブハブ)は人材派遣の大手パソナグループの運営するクラウドソーシングサイトです。

仕事を受ける時のシステム手数料が発注者の負担になるので、報酬が減ることなく仕事ができます。

Job-Hubは時間や場所にとらわれず、自分のライフスタイルにあわせ仕事を選べます。

Job-Hubの特徴

  • 1998設立のパソナグループが運営するクラウドサービス
  • 事務作業やライティングなど、初めての人でもやりやすい仕事も多い
  • ホームページ制作・アプリの開発など大きなプロジェクトもあります
  • 3種類の稼ぎ方(エキスパート・マイクロ・コンペ)で自分に合った稼ぎ方があります
  • 本人確認や評価制度でアピールできるので、信頼度がアップできます
  • 手数料が発注者側の負担なので、報酬が減ることがない
  • 発注者のお仕事相談することによって信頼がアップする

Job-Hubなら自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます

人材活用のパソナグループならではの、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

【派遣社員の方】月2万円~5万円目標

jobhub

【育児中の方】月5万円~7万円目標

jobhub3

【フリーランスの方】月20万円~目標

jobhub4

手数料は無料

Job-Hubはシステム手数料が無料です。

発注者側が負担するので、お得です。

支払いはちょっと遅め

お金の支払いは月末締→翌月末に支払いなのでちょっと遅めです。

手数料は432円ですので、それ以上の金額から支払いができます。

3種類の仕事から最適な方法を選びましょう

仕事の種類は3種類あります。自分の得意分野やライフスタイルで決めると良いでしょう。

エキスパート方式

Jobタイプの「エキスパート」とは、クライアントがJobに対する提案を受付け、 選定したコワーカーとJobを実施するタイプです。

提出された提案をクライアントが選定すると、双方で合意のもと契約が成立します。

コワーカー・クライアント間で打ち合わせが必要なものや、専門性の高い仕事で広く利用されています。

高額案件が多く、アプリの開発などは報酬が100万円を超えるものもあります。

コンペ方式

提示された仕事の内容に沿った完成品を提出をします。

クライアントは提出されてきた作品の中から希望に添ったものを選定し、交渉を経てコワーカーと契約を結び、納品を依頼します。

ロゴやバナー、ネーミングなど、完成品のイメージが明確な業務で広く利用されています。

ロゴの作成などスキルがいるものだけではなく、ネーミングやキャッチフレーズの提案などは簡単にでき、選ばれれば1万円以上の報酬をもらえます。

タスク方式

エントリー制限を満たしていれば、誰でもエントリーができるタイプのJobです。

Jobを実施後、クライアントが実施したタスクを承認した時点で報酬が発生します。

これだけで400円~500円ほどの報酬が得られますので、慣れてくれば簡単にこなしていくことができるでしょう。

プロフィール機能で自分のできることをアピールできます

独自のプロフィール機能あり、経歴・資格やできる仕事内容を書いておくことで、自分ができる仕事をクライアントにわかりやすく説明できます。

プロフィールが充実していることによって信頼性が上がり、提案が選ばれやすくなります。

Job-Hubではコワーカー検索ができるので、しっかりとプロフィールを作っておくと良いでしょう。

登録はコチラから

関 連 JobHub(ジョブハブ)


注 目 クラウドソーシングサイト比較ランキング TOP10