GoogleAnalyticsはどうやって使うの?グーグルアナリティクスの見方

シェアする

GoogleAnalitics

アクセス解析として有名なグーグルアナリティクス(GoogleAnalytics)

使い方がわからないという人が多いので、見方を5つのポイントに絞って紹介をしたいと思います。

アナリティクスを活用して改善を重ねて行けば、良いサイトになること間違いないでしょう。


①訪問数・PV数・直帰率を調べる(ユーザー → サマリー)

analytics5

ここでは訪問数・PV数・サイト全体の直帰率を見ることができます。

また、新規ユーザーリピートユーザーの割合も見ることができます。

ブログはウェブサイトと比べリピート率が高いですが、リピートユーザーの率が高すぎる場合は、もっとSEO対策に力を入れた方が良いかも知れません。

無料ブログの人はSEOからの流入が少ないので、リピート率が高くなってきます。

②検索エンジンのキーワードを調べる(集客 → キャンペーン → オーガニック検索)

analytics2

ここでは、どんなキーワードでウェブサイトにたどり着いたかを知ることができます。

自分の予定しているキーワードでのアクセスが多ければ良いですが、意外とそうならないことも多いと思います。

注力したいところは、もっと力を注ぎ、意外とアクセスを稼げそうなところにも力を入れると良いでしょう。

③検索エンジンで表示されるキーワードを調べる (集客 → 検索エンジン最適化 → 検索クエリ)

analytics4

ここでは、どんなキーワードで自分のウェブサイトが表示されたかを知ることができます。

クリック率掲載順位も知ることができます。

表示回数が多くてもクリック率が非常に低い場合は、もう少し改善するべきところです。

④ページごとのPV数を調べる (行動 → サイトコンテンツ → すべてのページ)

analytics3

ここではページごとのPV数や滞在時間、直帰率を知ることができます。

直帰率が非常に高い場合は改善する余地があります。

また、滞在時間が短すぎるページも考え直す必要もあるかもしれません。

⑤目標が達成できているか調べる (コンバージョン → 目標 → サマリー)

analytics

これが一番大事ですが、目標が達成できているかを知ることができます。

目標の設定が必要なので、しっかりと設定しておきましょう。

アフィリエイト広告のクリックが目標の人は設定が難しいので、しっかりと調べてから設定しましょう。

まとめ 定期的に見直しましょう

アナリティクスは現在地を示してくれる解析ツールです。

PV数が上がっているか、検索順位が上がっているか、直帰率が下がっているなど、ページごとの改善をして行きましょう。

特に目標の設定は面倒かもしれませんが、一度設定するだけで良いので必ずやっておきましょう。

NEXT サイトが重くなった時の対処法 軽くする方法