コンテンツマーケティングでSEO対策をする

シェアする

contents-marketing

コンテンツマーケティングの名言Content is Kingという記事を1996年にビル・ゲイツが書きました。

Googleでも質の高いコンテンツを非常に評価していて、スターターガイドにも書いてあります。

今回は、コンテンツマーケティングについて書いて行きたいと思います。


ビル・ゲイツは何と書いたのか?

今から20年も前にビル・ゲイツはコンテンツの重要性を記事に書いています。

その後、Googleができ、検索サービスが誕生し、コンテンツの重要性がより強くなりました。

当時のビル・ゲイツはどんなことを考えていたのでしょうか。

関 連 Content is Kingからコンテンツの重要性を学ぶ

現在、Googleもコンテンツを非常に重要視していて、スターターガイドでも説明しています。

Googleは外部からの自然発生的なリンクを非常に評価していますが、コンテンツを評価している理由は

「良質な記事を書いてれば、自然にリンク貼られるでしょ!」という考えがあるからです。

これはつまり、コンテンツマーケティングの考え方です。

良質な記事を書けば、リンクが貼られ評価が上がります。

もちろん、それだけではいけませんが、良い記事をつくることはアクセスアップにとても大切なことです。

この良い記事づくりの方法を考えて行きたいと思います。

価値のある情報か

あなたの書いている記事は、価値のある情報でしょうか。

価値のあるということは、みんなが知っているような情報では価値があるとは言えません。

希少性のある情報の方が価値があります。

ただし、その人が必要としている情報なので、「コンテンツマーケティング」の情報を知りたい人には、この記事は価値があるということになります。

価値のある情報 = その人が欲している情報 (欲している以上の情報)

ということになります。

具体的な内容か

その情報は、具体的でわかりやすい情報でしょうか。

漠然とした内容では読者に伝わりません。

具体的に記述することが、相手が求めている情報かもしれません。

「コンテンツマーケティング」の情報を知りたい人に、SEO全般の情報を提供しても意味がありません。

つまり、漠然とした情報を知りたい人には大まかな情報が必要で、具体的な情報を知りたい人には具体的な情報が必要です。

具体的な情報をわかりやすく伝えることが大切です。

写真やイラストをつけるだけでも、イメージが付くのでわかりやすくなります。

誰に届けたい記事なのか

誰に向けた記事なのかは非常に重要です。

「コンテンツマーケティング」というテーマでも

ブログなどのアクセスアップのために情報を集めている人と、学校などで論文を書くために情報を集めている人とでは、書く内容がかわってきます。

誰のために書いている記事なのか。これも非常に大切なテーマです。

共感が持てる内容か

記事を書くうえで、「共感」というテーマは非常に大切です。

共感も持ってもらえる内容は「つながる」気持ちになり、親近感を持ってもらえます。

そうすることによってリピーターになってもらえ、ヘビーユーザーになってくれます。

例えば「自分の意見や考え方」を表現することによって、共感してくれる人が出てきます。

この共感は説明だけでは生まれにくいので、意見や考え方を発信して行くことも大切です。

読者の心に響くタイトルか(重要)

これも共感というテーマに近いかもしれませんが、記事を読んでもらう。クリックしてもらうために非常に大切です

どんなに良い記事でも読んでもらえなければ意味がありません。

見たくなるようなタイトルを付けることが非常に大事です。

「○○で稼ぐ○つの方法」などの「はてはブログ」でよくあるタイトルも、今でも変わらず人気の書き方です。

タイトルの付け方も、いろいろと研究してみると良いでしょう。

良い記事を書き、アクセスアップにつなげよう

良い記事をつくればすべて良いわけではありませんが、良い記事づくりはアクセスアップの基本です。

内部SEO対策や、外部対策も必要ですので、記事の精度を高めながら、他の対策もとって行きましょう。


NEXT Content is Kingからコンテンツの重要性を学ぶ