クラウドワークスって稼げるの? CrowdWorksの特徴・稼ぐ方法

シェアする

crowdworks

クラウドワークス(CrowdWorks)は、非常に人気のある大手クラウドソーシングサイトです。

2012年からサービス開始で後発のサービスですが、使い勝手の良さ手数料の安さなどで人気急上昇中です。
仕事の案件数は非常に多いので、登録しておくと良いでしょう。

クラウドワークスの特徴

  • 2012年から運営している人気の総合クラウドソーシングサービス
  • 使いやすいと評判が良い
  • 手数料がランサーズよりも低い
  • 案件数も非常に多い
  • 記事作成・口コミなど簡単な仕事から、ホームページ制作・アプリの開発など大きなプロジェクトもあります
  • プロジェクト方式は固定報酬だけでなく時給式も選べる
  • 3種類の稼ぎ方(プロジェクト・コンペ・タスク)で自分に合った稼ぎ方があります
  • 仮入金システムで毎月2回の支払い
  • 本人確認や評価制度で信用ができ依頼も増えて行きます
  • 途中終了リクエストという仕組みがありクライアントにとってメリットがある

仮入金システムで素早く報酬を支払います

お金の支払いもスムーズにできるような仮入金システムを導入しています。

月に2回の支払いで報酬を支払うので嬉しい仕組みです。

手数料がランサーズよりも安い

クラウドワークスの手数料は10万円以下は20%。ランサーズも20%ですが計算方法が違い、クラウドワークスの方が手数料が安いです。

例.10,000円の案件の場合

【クラウドワークス】

10,000円×20%=2,000円が手数料

【ランサーズ】

10,000円÷80%(100%-20%)=2,500円が手数料(実質25%)

同じ手数料でも計算方法の違いで5%も変わってきます。

3種類の仕事から最適な方法を選びましょう

仕事の種類は3種類あります。自分の得意分野やライフスタイルで決めると良いでしょう。

仕組みはランサーズと同じです。

プロジェクト方式

仕事依頼に対する計画を募集し、仕事をする人を選んでから作業を開始する方式です。

例えばホームページ制作の場合、「10万円で会社サイトをつくってほしい」と依頼を出します。

集まった提案の中からベストプランを選び、採用された人でプロジェクトがスタートします。

プロジェクト方式は高額案件が多く、アプリの開発などは報酬が100万円を超えるものもあります。

コンペ方式

複数の提案を集め、その中から気に入ったものを選ぶ方式です。

例えばロゴ制作を依頼した場合、仕事の受注者は依頼にもとづきロゴを提案し、 クライアントはその中から1人の作品を当選させて報酬が確定します。

ロゴの作成などスキルがいるものだけではなく、ネーミングやキャッチフレーズの提案などは簡単にでき、選ばれれば1万円以上の報酬をもらえます。

タスク方式

単純作業を依頼し、多数の人が同時にひとつの依頼作業を行なう仕事方式です。

記事の作成や口コミの作成など、簡単にできるものが多いです。

これだけで400円~500円ほどの報酬が得られますので、慣れてくれば簡単にこなしていくことができるでしょう。

プロフィール機能で自分のできることをアピールできます

クラウドワークス独自のプロフィール機能あり、経歴・資格やできる仕事内容を書いておくことで、自分ができる仕事をクライアントにわかりやすく説明できます。

プロフィールが充実していることによって信頼性が上がり、提案が選ばれやすくなります。

途中終了リクエストができます

クラウドワークスは途中終了リクエストという独自の仕組みがあります。

無責任な人と契約をしてしまって、依頼したサービスがなかなか届かない場合や、他のコピー記事などが納品された場合などに契約を途中でキャンセルすることをリクエストできます。

相手が応じればキャンセルになるのはもちろんですが、1週間返答がない場合も自動でキャンセルになります。

ランサーズにはない仕組みなので、依頼者も安心して仕事をお願いすることができます。

逆にクラウドワークスではしっかりと仕事をしなかったり納期を守らないとキャンセルされる可能性がありますので、手を抜かないようにしましょう。

登録はコチラから

関 連 クラウドソーシングサイト比較ランキング TOP10


ネット副業.comおすすめサイト【モッピー】

モッピー

モッピーは稼げるおすすめポイントサイトです。

常にイベントやキャンペーンなどやっていて、楽しみながらお小遣い稼ぎができます。

ブログなどで友達紹介をすると、毎日のようにポイントが入ってくるのでおすすめです。

注 目 モッピーってこんなに稼げるの?